アーユルヴェーダのオイルについて

インドの伝統的なマッサージであるアーユルヴェーダでは、ハーブオイルを使ってマッサージが行われますが、オイルはおよそ600種類以上もあると言われています。

ハーブオイルは施術を行う人によって作り方が異なりますが、全て天然由来の材料が使われていて、人の体質によって配合が決まり、日本でアーユルヴェーダマッサージを行う際には四季を意識してオイルが使われるのだそうです。

さらにマッサージする部位や用途によって使い分けられていますので、頭用やボディ用・全身用の3種類があり、ココナッツオイルやごま油などを使ったり、ハーブを多数配合して作られるのです。

また、ハーブの種類によって効果も変わりますので、とても奥が深いマッサージ療法と言えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事